入会資格要件

会員は本会の存続基盤であり、多くの新会員を迎えることは、本会の発展に欠かせません。同時に、会員の質の向上を目指し、より素晴らしい会とするために、本会への入会資格要件として、基本的に次の条件を満たす事を新会員入会の条件としています。

  • 上場、公開企業の役員、及びそれに準ずる人
  • 資本金3,000万円以上のオーナー経営者
  • 弁護士など資格のある人の中で、その組織の役員、及びそれに準ずる人
  • 評論家、芸術家などの著名人、又は会員として迎えるに相応しいと思われる人

※(注)上記はあくまでも目安であり、絶対条件ではありません。また、地方自治体などの議員等は原則として、入会要件を満たさないものとしています。

入会方法

新会員の推薦と入会審査、正式な入会までの手続きは下記のステップで行われます。

  • 上場、公開企業の役員、及びそれに準ずる人
  • 当会会員による推薦者(2名)による、被推薦者の氏名、職業、職位、略歴、推薦理由などを記入した 「入会推薦書」の提出が必要となります。
  • 入会推薦書は、組織委員会の審議を経て、理事会に諮られます。理事会の最終審議の後、審議結果 が推薦者に連絡されます。
  • 入会承認が得られた場合、ご本人に「入会申込書」を提出いただき、会長から入会承認の書面が本人 に送られ、手続き完了です。正式会員としての認証は、入会金、会費の支払い、最初の例会での新会員 紹介、ご本人の自己紹介を以って完了となります。

新会員推薦のお願い

新会員推薦者は、入会希望者に対し、当会の倫理規定など規約の遵守、会員としての例会への出席、会費納入の義務などを事前に充分な説明をお願い致します。また、新会員推薦書の内容が不充分な場合、組織委員会よりご説明の依頼をさせて頂くことがありますので、ご協力をお願い致します。

規約