連合駿台会には<明治大学の将来を支援する>
経済人、法曹人、文化人など有力校友が集います

連合駿台会は、1953年(昭和28年)5月、明治大学OBの経済人の集いとして設立された「茗水クラブ」と、政財界、学会などで活躍しているOBが集い、日本を代表する大学づくりを目指して1964(昭和39年)年12月に結成された「明友クラブ」が、2002(平成14年)年7月に統合して設立されました。そして、各界で活躍する会員の知識を更に広く深め、相互に連携を密にし、社会的地位の向上と社会への貢献を図るとともに、愛する母校の発展に寄与することを目的に活動を続けてまいりました。

愛する我らが母校明治大学は2021(令和3)年に創立140周年を迎えます。そして、このほど建学の精神である「権利自由」「独立自治」、理念の「個を強くする」、さらに「知の創造と人材の育成を通し、自由で平和、豊かな社会を実現する」使命のもとにグランドデザイン2030を示し、2022年からは2031年の150周年をも見据えた新たな長期ビジョンが推進されてまいります。そこに貫かれるのは、まさしく「前へ」の精神であります。

明治大学は幸いにも、高校生から最も魅力ある入学したい大学との高い評価をいただいて、14年連続で10万人超の一般入試志願者数を堅持しております。しかしながら、今後は、加速している18歳人口の減少や入学定員管理など厳しい課題も少なくない中で、このたびは未曽有のコロナ禍にも直面することとなり、ますます正念場を迎えております。

だからこそ、私たち連合駿台会は「オール明治の団結と絆を深めるためのリーダー的な役割を果たす」という創設以来の基本方針のもと、会員の総力を挙げて、明治大学がトップユニバーシティーであるために貢献できるよう活動してまいりたいと思います。

連合駿台会会長
田村 駿

コロナ禍がこれまでの社会の様相を一変させ,世界の先行きが一段と不透明な時代を迎えています。そのような中,各界を代表するリーダーが集う「連合駿台会」は,数ある卒業生組織の中でも,輝かしい歴史と伝統を誇る会として発展し続けています。皆様方のご活躍は,今日における本学の高い評価へと繋がっています。また,平素より本学に対し学術賞をはじめ様々な形でご支援も賜っており,学校法人を代表し厚く御礼を申し上げます。

出会った方と母校が同じであったことを知った時に沸き起こる喜び,またそこを起点に広がる新たなネットワーク。そうした場となる連合駿台会の活動は,本学としてもかけがえのない財産であります。これからも,紫紺の絆のもと会員相互の交流を一段と深めていただくと同時に,明治大学が日本はもちろん「世界に開かれた大学」「世界に発信する大学」として未来へ輝き続けていくために,一層のお力添えを賜りますよう切にお願い申し上げます。

明治大学理事長
柳谷 孝

来年2021年に創立140周年を迎える明治大学は,現在までに数多の有為な人材を輩出してきました。また,比類なきその校友ネットワークと母校に対する想いが,「就職の明治」という言葉に代表される高い社会的評価を生み出したといっても過言ではありません。その中核といえる存在が連合駿台会であり,各界の第一線で奮闘される会員各位の雄姿は,卒業生・学生・教職員をひとつにするエネルギーとなっています。

皆さまのより一層のご活躍を願うとともに,本学への変わらぬご支援をお願い申し上げる次第です。さらには,紫紺の旗の下に集ったチーム明治として,今般のコロナ禍といったような人類が地球規模で直面する課題を共に考え克服し,新たな明るい未来を共に創り出していくことを切望しております。

明治大学学長
大六野 耕作